メニュー

インフルエンザについて

昨シーズン、一昨シーズン共にインフルエンザの流行はありませんでしたが、今シーズンは流行期に入りました。徐々に感染者数が増えて来ており2月にピークをむかえると予測されています。東京都では流行注意報を出しました。世田谷区でも1地区で患者数が70人に達した地区も出ています。ワクチン接種をご希望の方は早めの接種をおすすめします。

インフルエンザ予防接種実施中

当院は65歳以上の方を対象とした高齢者インフルエンザ予防接種事業に参加しておりましたが、1月いっぱいで終了となりました。2月以降は高齢者の方も自費接種となります。

現在充分量のワクチンがありますので、電話予約をいただかなくても接種可能です。土曜日のみ予約制としていましたが、1月以降は予約なしで来院していただいても接種可能です(ただし土曜日は外来自体が混み合いますので、余裕を持ってお越しください)。当院は小児科診療は行なっていませんが、13才以上の方は当院でもワクチン接種は可能です。

コロナウイルス療養後の受診について

当院はコロナウイルスの診療は行なっていませんが、後遺症として咳が残った方の診療を行なっています。受診にあたっては、療養期間が終了されていることに加え、解熱してから5日以上経過されていることを診察可能な要件としています(以前は解熱して7日としていました)。御了解のほど、お願い申し上げます。

☆風邪症状のあるかたへ

感染力が強い新型コロナウイルスオミクロン株が増加し、一昨年までと臨床像が変わってきました。まず上気道(鼻腔や上〜中咽頭)で増殖するため、いわゆる風邪症状(咽頭痛や鼻汁など)が出現し、デルタ株以上に気管支で増殖する速度が早いため咳も出現することが多くなっています。

当初は38度以上の発熱があるかたに加え、37.5度以上の発熱が2、3日続いたかたもコロナウイルス感染の可能性があるという認識でしたが、37.0度以上の発熱を認めないかたも見受けられるようです。このため風邪症状のあるかたは原則コロナウイルスの検査を受けることをおすすめします。37度以上の発熱があるかたは、まず発熱外来を開設している医療機関を受診しPCR検査を受けてください。発熱が出現したのが午後からの場合、発熱外来の受付に間に合わないこともあると思います。その場合は手持ちの消炎鎮痛剤(熱冷まし、痛み止め)を内服し、翌日に発熱外来を受診するようにしてください。風邪症状があっても発熱の無いかた(37度未満)は薬局でコロナウイルス抗原検査キットを購入され、ご自宅で検査をしてみるようにしてください。38度以上の発熱があるかたに加え、すぐに解熱したものの咳があるかたはコロナウイルス感染の可能性がありますので、検査を受けることをお勧めします。

上記に該当するかたは当院に直接来院されても、院内感染防止の観点から診察が出来かねることがあります。何卒御了解のほどお願い申し上げます。PCR検査及び抗原検査が陰性であったかたは、診察のうえ出現している症状に見合う治療薬を処方します。

発熱外来を開設している医療機関については、コロナ相談窓口へ連絡してみてください。

受診について判断がわからない場合は電話にてご連絡ください。

  職場や家族内でコロナ感染者(PCR検査陽性者、抗原検査陽性者)が出たという方は、接触者または濃厚接触者ということになりますので、いきなり来院されず必ず相談窓口に連絡して指示を仰いでください。

 

新型コロナウイルスワクチンの接種は実施していません

昨年7月以降、世田谷区でも各医療機関での新型コロナウイルスワクチンの個別接種が開始されましたが、現在使用されているファイザー社及びモデルナ社のワクチンは、接種に関連した諸条件が難しいため、当院では接種を行っておりません。

院内の感染防止対策について

通常の院内清掃に加え、ラウンジの清拭回数を増やしたり、診療の前後で換気を行なっていますが、昨年11月下旬より、紫外線による高性能空気殺菌器を複数台導入し稼動させております。今後風邪症状を訴える患者さんが増えてきた場合には、診療時間内でも窓や非常口、階段へのドア等を解放し換気を行うことがあると思いますのでご了承お願い申し上げます。

小さなクリニックですので、疾患によって患者さんの動線を分けることができません。このため風邪症状を訴える方が増えてきた場合は、発熱している方を診察する時間帯を限定させていただくことがあるかもしれません。その際はこのHPにて告知させていただきます。ご協力のほどお願い申し上げます。

新型コロナウイルス検査に関して

✱当院ではCT検査は出来ません。コロナウイルスのPCR検査、抗原検査も出来ません。発熱がありPCR検査を希望される方は発熱外来を開設している病院へ受診してください。

 

お知らせ

2022〜2023年インフルエンザワクチン接種について [2023.02.03更新]

現在インフルエンザワクチンは土曜日も含め予約なしでも接種可能です。

ただ土曜日は外来自体が混み合いますので、ご了解のうえ時間に余裕を持ってご来院ください。

接種に際しては、問診票の記入やワクチンの準備等時間がかかりますので、接種希望の方は午前、午後ともに診療終了の20分前までに来院してください(午前は11時40分まで、午後は17時40分まで)。この時間までに来院できない場合は翌日以降の接種となりますので、御了承ください。

すでに電話予約をいただいているかたで、いまだに接種されていない方がいらっしゃいますが、接種を希望される場合は早めにご連絡をお願いいたします。連絡がない場合1月12日以降は予約は全てキャンセル扱いとさせていただきます。

 

 

花粉症について [2023.02.01更新]

スギ花粉症のシーズンに入りました。今年はスギ花粉の飛散量は多めとの予想が出ており、東京近辺では昨年の2〜3倍の飛散量が予想されています。本格的な飛散開始は、今後の天候にもよりますが、2月8日〜15日くらいと予想されています。

当院では抗アレルギー剤の内服だけではなく、点鼻薬、点眼薬も含めた投薬をおこなっています。ぜひご相談ください。

 

臨時休診のお知らせ [2023.01.21更新]

都合により2月24日(金)は休診となります。

ご了承のほどお願い申し上げます。

発熱のあるかたへ [2023.01.06更新]

新型コロナウイルス感染症が、オミクロン株が主流となって以降臨床像が変わって来て、普通感冒やインフルエンザと区別がつきにくくなってきています。このため発熱があるかたは、まずPCR検査ができる発熱外来を開設している医療機関を受診し検査を受けてください。直接来院されても、院内感染防止の観点から診察を出来かねます。37度台の発熱でも、コロナウイルス感染の可能性がありますので、PCR検査を受けられることをお勧めします。発熱(37度以上)が無いかたでも、風邪症状があれば抗原検査キットを購入されご自宅で検査されることをお勧めします。

何卒御了解のほどお願い申し上げます。

インフルエンザの検査について [2022.11.20更新]

臨床症状からインフルエンザと新型コロナウイルス感染との鑑別をすることが難しいことから、今季も院内感染防止の観点から、当院ではインフルエンザの迅速検査は行わないこととしました。発熱、関節痛等ウイルス感染症が疑われる症状の方は発熱外来を実施している医療機関への受診をお願いいたします。

診察の順番について [2022.10.17更新]

今までも診療内容や初再診の違いから、診察の順番を調節させていただいておりますが、10月17日(月)よりインフルエンザワクチンの接種が開始となりますので、診察の順番が来院順ではなく、入れ替わることが増えるかもしれません。ご理解のほど何卒お願い申し上げます。

コロナ療養後の受診について [2022.09.09更新]

新型コロナウイルスに感染後で、後遺症として咳が残った方の診療を行なっていますが、当院では療養期間が終了されていることに加え、解熱してから5日以上経過されていることを診察可能な要件としております。御了解のほど、お願い申し上げます。

オンライン資格確認開始 [2022.07.20更新]

マイナンバーカードを利用した、オンライン資格確認の運用を開始しました。

これに伴い初診料が今までより若干変わることがあります。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

B型肝炎ワクチンの供給状況について [2022.07.05更新]

昨年よりB型肝炎ワクチンの供給が不安定になっています。注文してもすぐに入荷するか定かではありませんので、ご希望の方は余裕を持ってご予約下さい。

受診料の支払いについて [2021.08.31更新]

当院では会計の際、カード決済、スマートフォン等によるモバイル決済はできません。現時点でのお支払いは現金決済のみとなります。

あしからずご了解のほどお願い申し上げます。

交通案内

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-16-4 Salud 南烏山3 階
京王線千歳烏山駅から徒歩2分
大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:00

休診日:日曜日、祝日

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

社会福祉法人康和会 久我山病院 杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 杏林大学付属病院感染症科

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME