メニュー

発熱のあるかたへ

感染力が強い新型コロナウイルスデルタ株の蔓延のため、発熱のあるかたで、特に38度以上の発熱があったかたは、まずPCR検査ができる発熱外来を開設している医療機関を受診し検査を受けてください。直接当院に来院されても、院内感染防止の観点から診察を出来かねます。何卒御了解のほどお願い申し上げます。

新型コロナウイルスワクチンの接種は実施していません

7月より世田谷区でも各医療機関での個別接種が開始されましたが、現在使用されているファイザー社のワクチンは、接種に関連した諸条件が難しいため、当院では接種を行っておりません。

院内の感染防止対策について

通常の院内清掃に加え、ラウンジの清拭回数を増やしたり、診療の前後で換気を行なっていますが、昨年11月下旬より、紫外線による高性能空気殺菌器を複数台導入し稼動させております。今後風邪症状を訴える患者さんが増えてきた場合には、診療時間内でも窓や非常口、階段へのドア等を解放し換気を行うことがあると思いますのでご了承お願い申し上げます。

小さなクリニックですので、疾患によって患者さんの動線を分けることができません。このため風邪症状を訴える方が増えてきた場合は、発熱している方を診察する時間帯を限定させていただくことを考えています。その際はこのHPにて告知させていただきます。ご協力のほどお願い申し上げます。

☆風邪症状のかたへ☆

 新型コロナウイルス感染症が、デルタ株の蔓延により第5波をむかえています。現在の流行状況から判断して、風邪症状が出た場合以前よりも新型コロナウイルス感染である確率が高くなってきています。このため院内感染防止の対策として、原則38度以上の発熱のある方は、まずコロナウイルスPCR検査が可能な医療機関(発熱外来を開設しているところ)で検査を受けてください。PCR検査を受けていないかたが直接来院されても診察は出来かねます。  PCR検査が陰性であったかたは、診察のうえ出現している症状に見合う治療薬を処方します。

 今までは、38度以上の発熱が3日以上続いているかたは感染している可能性が高く、また発熱が37度後半まででも呼吸困難感が強かったり、倦怠感が凄く強い場合、特に嗅覚障害、味覚障害があるかたコロナウイルス感染が強く疑われましたが、最近では、これらの条件を満たしていない場合でもコロナウイルスである可能性が高くなりました。

 発熱外来を開設している医療機関については、コロナ相談窓口へ連絡してみてください。

 発熱しているかたは、受診について判断がわからない場合は電話にてご連絡ください。

  職場や家族内でコロナ感染者(PCR検査陽性者、抗原検査陽性者)が出たという方は、接触者または濃厚接触者ということになりますので、いきなり来院されず必ず相談窓口に連絡して指示を仰いでください。

 

新型コロナウイルスに関して

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する相談窓口は以下の通りです。

一般的な相談は

1)世田谷区新型コロナウイルス相談窓口 03-5432-2111 (平日8時30分〜17時15分)

2)東京都新型コロナウイルスコールセンター 0570-550571(連日9時〜22時)

3)厚生労働省電話相談 0120-565653(連日9時〜21時)

発熱がある場合の相談は

1)世田谷区発熱相談センター 03-5432-2910(平日8時30分〜17時15分)

2)東京都発熱相談センター 03-5320-4592(24時間対応)

 

✱当院ではCT検査は出来ません。コロナウイルスのPCR検査、抗原検査も出来ません。発熱がありPCR検査を希望される方は発熱外来を開設している病院へ受診してください。

 

お知らせ

2021〜22年シーズンのインフルエンザワクチン接種について [2021.09.23更新]

最近今シーズンのインフルエンザワクチン接種についての問い合わせが増えていますが、まだ具体的な事項はいっさい決まっておりません。決まり次第このHPで告知したいと思います。判明していることは、今シーズンのワクチン供給は、開始時期の10月は少ないということがわかっており、本格的な接種は11月以降になると考えられます。

休診のお知らせ [2021.09.13更新]

11月4日(木)は学会のため休診となります。

ご了承のほどお願い申し上げます。

受診料の支払いについて [2021.08.31更新]

当院では会計の際、カード決済、スマートフォン等によるモバイル決済はできません。現時点でのお支払いは現金決済のみとなります。

あしからずご了解のほどお願い申し上げます。

肺炎球菌ワクチンについて [2021.08.31更新]

昨年より世界的に接種を希望される方が多くなり、日本でもワクチンの供給量を確保することが難しい状況となり、メーカーが出荷調整に入ったため、昨年11月頃よりワクチンの入手が困難な状況が続いていました。このほどワクチンの供給が回復し令和3年9月より出荷調整が解除となりました。

発熱のあるかたへ [2021.08.16更新]

新型コロナウイルスでも感染力が強いデルタ型が蔓延してきており、今までと異なり普通の風邪と区別がつきにくくなってきています。このため発熱のあるかたで、特に38度以上の発熱があったかたは、まずPCR検査ができる発熱外来を開設している医療機関を受診し検査を受けてください。直接来院されても、院内感染防止の観点から診察を出来かねます。何卒御了解のほどお願い申し上げます。

ご注意 [2021.06.05更新]

オリンピック、パラリンピックが開催のため、今年も昨年同様7、8、10月の祝日が変更となっています当院もこれに準拠します。

よって10月11日(月)は平日扱いとなります。

おたふく風邪(ムンプス)ワクチンについて [2021.05.06更新]

製造を行っている2社のうちの1社の製造ラインに不都合があり、供給が不安定になったため現在ワクチンの入手が困難な状況になっています。接種を希望されてもすぐに接種することが難しい状況です。状況が改善したらこのHPにてご報告いたします。

マスク着用のお願い [2021.03.25更新]

新型コロナウイルスの流行に伴い、来院される方は疾病の種類に関係なくマスクの着用をお願いいたします。来院後も待合室、診察室に関係なく、医師の指示が無い限りマスクは外さないでください。よろしくお願い申し上げます。

 

採血を希望される方へ [2021.03.11更新]

健診時のみならず、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)で採血を希望される方は、朝食を抜いてなるべく朝早い時間に来院してください。その際水分摂取は問題ありませんが、水やお茶にしていただいて、牛乳やコーヒーの摂取は避けるようにしてください。

風疹の抗体価チェックや胃がんリスク検診で来院される場合、当院は木曜と土曜は午前中の診療のみとなりますので、必ず昼前の検体集配に間に合わせなければならず、外来が混雑した場合は時間的に難しくなってしまうことがあります。木曜と土曜に採血を希望される場合は、遅くとも午前10時半までには来院するようにしてください(土曜の場合混雑度によっては、10時半でも間に合わないことがありますので、余裕を持って10時頃までの来院をおすすめします)。

花粉症について [2021.03.11更新]

イネ科の雑草の花粉(ハルガヤ、カモガヤ、オオアワガエリ、ナガハグサ、ギョウギシバ等)に反応するかたは冬季を除いて反応が出る事が多いのですが、盛夏は飛散する花粉はあまり多くはありません。湿気が多い時期はカビがアレルギーの原因になります。夏季ですと昆虫のアレルギーも見られます(主としてカ、ユスリカ、ゴキブリ)。

当院では抗アレルギー剤の内服だけではなく、点鼻薬、点眼薬も含めた投薬をおこなっています。ぜひご相談ください。

 

交通案内

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-16-4 Salud 南烏山3 階
京王線千歳烏山駅から徒歩2分
大きい地図はこちら

診療時間

診療時間
9:00~12:00
14:30~18:00

休診日:日曜日、祝日

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

社会福祉法人康和会 久我山病院 杏林大学医学部付属病院呼吸器内科 杏林大学付属病院感染症科

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME